横浜市会議員 一人あたりの発言持ち時間は2分

2004年12月31日 19時31分 | カテゴリー: 活動報告

 横浜市会議員の一人当たりの発言持ち時間は、なんと「一人あたり2分」です。
 本来、自治体議会は、市民から付託を受けた議員によって構成され、もうひとつの市民の代表である首長と、お互いにけん制し合いながら、税の執行方針などを決定していく場です。
 しかし、自治体の規模が大きくなると、議員定数も多くなり、さまざな調整の必要性が生じるのか、細かな会議規則により、議員の発言の自由も制限され、議会が形がい化していることも否めません。
 横浜コミュニティネットでは、全国の政令市や県内市町村の本会議での質疑や質問に対する制限、議会運営の自由度について調査を開始しました。
 議会を議員同士の自由な議論の場とし、市民に必要な、使いやすい議会に変えていくために、自治体議会を活性化するプランを提言していきたいと思います。