横浜市施設のアスベスト使用に対して要望書提出

2007年7月9日 17時31分 | カテゴリー: 活動報告

こども科学館のプラネタリウムの機材にアスベスト

 磯子市民ネットでは、市民から寄せられた情報を元にアスベスト使用の調査をすすめた結果、横浜市こども科学館プラネタリウムの機材の一部にアスベストが使われているということが判明しました。
 そこで、7月9日横浜市に対し、早急にその部材の交換と情報公開を求める要望書を提出しました。

 要望書の内容は次の通りです。

1.子どもたちの施設であり、老朽化や事故等により、破損や破壊の可能性の否定できないことから、徳島に倣って、アスベストが使用されている部材を早急に交換すること

2.プラネタリウムにアスベストが使用されていること、及び今回の調査結果を市民に公表すること。また、アスベストを含んだ部材を交換するまでは定期的にアスベストの測定を行ないその結果を市民に公表すること。

 子ども青少年局から回答書が近日中に出されるとのことですが、結果によっては、今後市民の声を集め、市に対して部材交換のための予算要望を提出したいと考えています。